生乾きや手洗いが原因で発生する服の汗臭さ対策について

皆さんは、服が汗臭いということで嫌な経験をされたことはありませんか?私の主人がそうでした。休日の日にジョギングから帰ってきた夫がリビングに入って来たとたん、ものすごい悪臭が漂ってきました。夫は気づいていないようでしたが、私が近寄り、どこから臭いが放たれているのか確認してみたところ、どうもTシャツが怪しいでした。

そのTシャツを脱いでもらい、臭いをかいでみると、やはりビンゴでした。すぐにそのシャツを洗濯機で洗い、天日干ししたら臭いは消えていました。使用する前からあんなに臭かったのか夫にたずねてみましたが、使用前から少し臭っていたそうです。洗濯した直後もまだ臭いは残っていましたので、天日干しで消えたことを考えると、菌の繁殖が原因だったのではないかと私は考えました。それ以来、洗濯物の生乾き状態を見過ごさないようにし、洗濯は晴れた日に外に干して紫外線で殺菌することを徹底しました。するとそれ以来、洗濯物が臭いということは一切なくなりました。やはり原因は雑菌だったのですね。

原因が分かったことでホッとした私でしたが、やはり一度周囲の人から「この人何か臭い」と思われてしまうと、すごく辛いですから、そう思われる前に、洗濯物の雑菌対策をしっかりとしておく必要がありますね。特に、汗をかいてから臭いが急激に酷くなる場合は、臭い菌の可能性がかなり高いですので、皆さんも生乾きには気をつけてくださいね。

臭いが気になる方へ脇汗パッド

私は高校生のときに制服が毎日汗臭くて悩んでいました。なかでも、脇の部分にとても汗をかいてそこからいつも悪臭をはなっていました。

脇汗がすごかったのでシャツの脇部分にはいつも黄色い染みがついていて母は洗濯が大変だったと思います。春夏秋冬、臭っていることが自分でも分かり本当に嫌でした。

夏よりも冬のほうが臭いがこもってブレザーの上からでも脇が臭かったです。周りからも陰でコソコソと私についてウワサされていることが分かり、元々明るかった性格が臭いが原因で暗くなりました。

このころはクラスで友達もろくに作れず本当に辛い思いをしました。私はこんな自分を変えるために、色々と脇汗の対策をしました。まず、脱毛処理です。

頻繁に脇毛を処理しました。三日に一回ピンセットで抜いていました。それから、ドラッグストアで香水と脇汗パッドを購入しました。

香水は使いすぎると臭いと混ざって逆に悪臭を放つのであまりおススメできませんが、脇汗パッドは頻繁に交換ができるのでしたらなかなか良いと思います。

パッドを装着している間は脇汗をパッドが吸収してくれるので、シャツに染みがつきません。洗濯も楽になります。

また、頻繁に交換することによって臭いも抑えられました。脇汗パッドは手ごろな価格でドラッグストアに売っておりますので服の臭い対策におススメします。

夏場はすぐに洗濯を行い、匂いの元の菌の繁殖を防ぐ

私は社会人になりたての頃、会社が私服なのでオフィスカジュアルの服を買い始めました。学生の頃はカジュアルな服ばかりを着ていたのでそのまま洗濯機で洗っても問題はなかったのですがオフィスカジュアル系の服だと傷みやすかったので手洗いをしていました。夏場も手洗いだったのですがふとした瞬間自分から汗臭さを感じました。

よく臭いを嗅いでみると自分の服から臭っておりしっかりと洗えていなかったようです。沢山汗をかく夏場の洗濯は手洗いには向かないと思います。なので私はネットに服を入れてドライコースやお家クリーニングコースで洗うことにしました。臭いがとれない場合はワイドハイターに浸けておいたり臭いが気になる部分へ時下塗りして洗濯機へ入れると臭いがとれます。

臭いがまたすぐについてしまう場合は雑菌が大量に繁殖してしまっている場合もあるので捨ててしまいました。基本的にお店のクリーニングはドライコースのみで水を使わないので汗の臭い、汚れはあまり落ちないと思います。

夏場は洗濯をすぐに行い、菌が繁殖する前に洗ってしまうことをお勧めします。夏場の物は大抵洗濯が可能な服が多いと思うので洗濯機に任せた方がお財布にも優しいと思います。

酷く緊張して服が汗臭くなったので食事を見直してみた

酷く臭う辛い汗臭い服になったのは、酷く緊張した時でした。多く人がいる前でスピーチをした時に、とっても緊張してしまいました。そんな時に汗をかき、服が汗臭くなってしまったのです。

その臭いのせいで、周りの人が不快な表情をしたのが困りました。

そんな汗臭い時には、漂白剤を使うのが1番でした。服用の漂白剤があるのですが、桶に水をたっぷりと入れ、そこにその漂白剤をキャップ1杯から汚れが酷い時には2杯入れてかき混ぜます。その中にその服を入れて1番入れておくのです。

服が汗臭い時には、食生活の改善も見直すことが大切です。肉類ばかり食べていると汗が臭くなります。それを改善するためには、肉を控え、魚を中心とした食事に切り替えることでした。又、ご飯を食べ過ぎるの汗臭い原因となるので、1日にお茶碗1杯分ほどの量に抑えるのが大切です。

スイーツの食べ過ぎもダメなので、その量を控えるのが大事です。カロリーが高い料理ばかり食べていると、やはり汗臭くなります。ピザやグラタン、揚げ物を控え、和食中心の食事に切り替えるのです。海草類や野菜をたくさん食べますと、より服が汗臭くなくなります。

飲み物はローズヒップやカモミールのような飲み物を飲むと、より改善できます。

コインランドリーの乾燥機

居酒屋でのアルバイトをしていた頃、Tシャツについた臭いに大変悩みました。料理の臭いなら悩まなかったかもしれません。

一人暮らしを始めたばかりの私は、汗臭い臭いは洗濯さえすれば大丈夫だと思っていました。でも、Tシャツは洗濯しても汗臭さが消えなかったんです。でも料理の臭いは洗濯をしたら残らないんです。なので残った臭いは汗臭い臭いだったんです。洗剤や柔軟剤を変えてみても効果はなし。なんとなく不快な臭いは残ってしまいました。次に、外国製の少し香りの強い洗剤や柔軟剤を試しました。確かに香りはつきましたが汗の臭いが落ちることなかったです。居酒屋のアルバイトをに香りのきついTシャツを着て行くこともできません。

洗濯ではどうしようもなかったんで次に試したのは、某有名消臭剤を吹きかけました。自宅のソファーに

は十分な効果を発揮している消臭剤。Tシャツにはあまり効果はありませんでした。ソファーよりもしつこい臭いなんですね。

私は仕方なく、クリーニングに出そうと考えました。でも、アルバイトのためにクリーニング店を利用するなんて嫌でした。

結局私は簡単に汗臭いTシャツの悩みを解決することができました。先輩に教えてもらったのは、少し長めに乾燥機に入れることです。高温の乾燥機には殺菌効果があるそうで、汗臭さはなくなりました。本当に綺麗に臭わなくなりました。洗剤や柔軟剤の香りも残りません。

次からそのTシャツをしばらく普通に洗濯をして自宅に干して使用しましたが、汗臭い臭いに悩むことはありませんでした。たまにコインランドリーに持っていって乾燥機にかけると良いです。

みょうばん水でしつこい汗のにおいもスッキリ!

子供がサッカーをやっています。一日中サッカーをやって帰りますと、それはもう匂います。靴を脱ぐと靴から、靴下を脱ぐと靴下から、その匂いの強烈さ強力さには毎回驚かされます。あまりにも臭いので、私や、その子の弟などは吐き気をもよおすくらいです。

この匂いは何とかしないといけない、とさまざまな脱臭用品を試みました。脱臭スプレーや除菌スプレーはもちろん、毎回靴を洗ったり、一度匂いのついた靴下は捨てる様にしたり、洗濯機に入れる前につけ置きしたり、考え付く事は一通りやったと思います。

でも、やはりサッカーをやって帰ってくると同じ匂いが靴と靴下にこびりついてしまうのです。そこでネットで調べたところ、「みょうばん水」が服 汗臭いにいいとありました。

みょうばんなんて今まで買ったことありませんでしたが、スーパーの漬物の材料のコーナーに100円以下で販売されていました。しかもスプレー1本分のみょうばん水を作るのに、少ししかみょうばんは使いません。なので、100円で数えられないくらい何度も使えるというわけです。これはお得だと思いましたが、実際に効果がなければ意味がありませんよね。

ですが、今まで市販の脱臭用品で全く太刀打ち出来なかった、あの頑固な匂いの靴や靴下が、嘘のように匂わなくなったのです。もう我が家ではみょうばん水は手離せないアイテムになりました。コスパも効果も抜群のみょうばん水、ぜひおすすめです!

ボトムスの嫌なニオイ

私の場合、ボトムスが汗臭くなる事が多々あり、それは特に夏場に多いです。というのも、普段の生活で自転車(クロスバイク)に乗ることが多いのですが、運転している間は当然のことながら座っていることになりますよね。つまり、この間に汗がボトムスに付着し、さらにはサドルにも汗が染みついてしまっているのです。するとどうなるか。サドルにニオイの元が移ってしまうのです。

そうすると微量の汗(湿気なども含む)でもサドルのニオイが発生してしまい、結局はボトムスにニオイが移ってしまうのです(これはもう悪循環以外のなにものでもありません)。お尻のあたりから嫌なニオイが立ち込めてくるのは何とも不快なものです。

そこで、対策として行っているのが、デオトラントスプレーの活用です。あらかじめ、ボトムスの内側にデオトラントスプレーを吹きかけておきます(外側だと白くなってしまうので)。さらには自転車のサドルにも吹きかけます。まだ自転車が新しいということもあってか、こうすることでニオイは完全に発生しなくなりました。普段自転車に乗ることが多い方はこのような対策に加えて、定期的なサドルの洗浄も行ったほうがいいかもしれませんね。匂いが染みついてしまうと、なかなか取れなくなり本当に厄介です。